東京都国立市にある現役プロ講師が教える中学生から大人のための"確実に楽しくコントラバスを弾けるようになる"ことに力を入れているウッドベースの教室。

コントラバスの演奏に向いている人、向いていない人

こんにちは!コントラバス奏者の鈴木克人です。

このBlogではコントラバスにまつわる疑問や、よくある質問、お悩み等にお答えしていきたいと思います。

今回は、コントラバスに向いている人、向いていない人についてお伝えします。

楽器って人によって向き不向きや、相性ってあるんでしょうか?

性格や身体的特徴で楽器を選ぶこともあるんです。

今回はコントラバスを通して見て行きましょう。

コントラバスに向いてる性格

まず最初に楽器を弾く際に向き不向きってあると思いますか?
コントラバスに向いてる性格ってあるんでしょうか?

コントラバスが担当しているのは低音パ-ト、音楽の土台を作ります。

更に言えばリズムの面では音楽の推進力を作り出しています。これは、どんな音楽でもそうですが、特にJAZZのベースを聴くと良く分かると思います。

以下はJazzのベースラインを私が弾いたものです。

音楽が前に進んでいく感じがしませんか?

しかしながら、この二つの大きな役割は決して表立って目立つものではありません。

たまにベースって聞こえない、とか存在感が無いとか言われる事もありますが、この音楽の土台作りがどれだけ重要かを一般のリスナーに理解してもらうのは難しいですよね。

この土台作りを黙々とこなせる忍耐力が有り、裏方に徹するのが好き、正に縁の下の力持ちタイプの人がこの楽器に向いているのではないかと思います。

常に注目を集めたい人、目立ちたい人はこの楽器を選ばないと思います。

時には二面性も必要?

先ほど、コントラバスは音楽の土台作りがその役割とお伝えしましたが、

コントラバスにもソロの曲が沢山あったり、Jazzの演奏では、一曲の中でソロがまわってくることが多くあります。

縁の下の力持ちとして黙々と仕事をこなせる性格も重要ですが、

いざという時に表に出られる、そんな事もまんざらでもない、そんな二面性も必要になってきます。

こちらに私が弾いたJazzのベースソロの一例を上げて見ました。

Jazzでは曲中にこういったソロを弾く場面が少なくありません。

身体的な向き不向き

皆さんご存知のように、コントラバスは大きな楽器ですので、当然ながら身体が大きい人に有利なります。
特に外国の方で、身体も手も大きい方が演奏しているのを見るとコントラバスの様な大きな楽器もとても簡単に扱えそうに見えます。

しかしコントラバスが大きい楽器といっても、その大きさは実は色々あるの皆さんご存知でしたか?
フルサイズ(大きなもので200cm位の物も有ります。)の大きなものから2分の1の小さな楽器も有ります。

身体が小さな方や、女性でも自分に合ったサイズを選べば体の負担になりません。

という訳で、身体的な向き不向きは全く無い訳では有りませんが、それは自分に合う楽器を見つける事である程度カバーする事が出来るんです。

まとめ

いかがでしたか?コントラバスに向いている人向いていない人についてもう一度おさらいです。

コントラバスが向いている人は、性格的には、

忍耐力がある(または忍耐力をこれから付けたい)
裏方徹するのが好き
縁の下の力持ちタイプ
そして、時にはソロとして表側に出たい方

身体的には、

身長が高い方、手が大きい方が向いています

しかしながら、コントラバスには身体の小さな方や女性の方でも大丈夫なサイズがあるので、必ずしも身体の大きな人が向いている訳ではありません。

もちろん目的やご自身の目指す所は違いますので、個人差はありますが、何か楽器を始めたいと思われている方の1つの参考になれば嬉しいです。

またこちらを読んで、もっとコントラバスに興味を持って頂いたら、実際に楽器見触れてみる事をおすすめします。

当教室では体験レッスンも行っておりますので、こちらの教室案内もご覧になって下さい。

ゆっくりマイペースコースのご案内はこちらから

 

タイトルとURLをコピーしました