東京都国立市にある現役プロ講師が教える中学生から大人のための"確実に楽しくコントラバスを弾けるようになる"ことに力を入れているウッドベースの教室。

初心者必見!コントラバスの弾き方講座①ー意外と大事な左手のフォームについてー

こんにちは!コントラバス奏者の鈴木克人です。

コントラバス奏者初心者の皆さん、コントラバスを弾いていて、指が疲れてしまったり、左手をどのように押さえていいか押さえ分からなかったりする事ありませんか?

実は、左手のフォームをちゃんと正しくするだけで、指の負担を軽減したり、正しい音程で、音を綺麗に出したりすることができるんです。

と言うわけで、今回は初心者必見!コントラバスの基礎講座①意外と大事な左手のフォームについてお話したいと思います。

コントラバスを弾く時の左手のフォームの重要性

スポーツの世界でもフォームは重要です。
フォームを正しくする事で、より速く走れたり、ボールの打率が上がったり、疲れにくくなったりとその効果は大きく、多数あります。

コントラバスについて言えば、左手のフォーです。

私の生徒さんの中でも、左手の使い方や押さえ方について悩まれている方が多いんです。

コントラバスを演奏していると、右手で弓を持ち、その手も常に忙しく動かしています。
その為、左手の存在を忘れてしまう(忘れてはいけないのですが)事があります。
ですがこの左手こそが、あなたのコントラバスの音色を決める大きなキーポイントになってきます。

また演奏に集中すればするほど、指が痛くなってくると言う経験ありませんか?

右手を意識するばかりで、左手の支え方をあまり気にしてなかったり、正しい支え方を教えてもらえず、長時間の演奏で指が痛くなる。
実は、この指の負担も左手の押さえ方を少し意識するだけで軽減されるんです。

実際に左手でどうやって弦を押さえたらいいのか?

では実際どの様にして左手で弦を押さえたら良いのでしょうか?

私も先生に師事するまでは良く分からずにエレキベースの左手のフォームをそのままコントラバスに当てはめようとしていました(笑)。

しかしそれでは、エレキベースより大きいコントラバスでそのまま通用する訳はなく、ただ指が痛かった記憶があります。なのでこの方法はオススメしません(笑)

ここに実際に私が押さえている写真をご紹介いたします。

①まず画像のように手を開いて、中指と薬指は出来るだけ近づけます。

②そして、人差し指と小指は指の腹で、中指と薬指は指先で弦を押さえる様にします。

③親指はネックに対して垂直になる様にします。

④実際に音を出すのに使う指は人差し指、中指、小指です。

⑤薬指は小指で押さえる時の補助に使うのみで、この指で弦を押さえて音を出す事はこのフォームではありません。

これが基本の左手のフォームになります。

え?これだけ?と思われるかもしれませんが、この形(フォーム)を常に意識するだけで、正しい音程で弾けたり、音色に違いが出てきたり、演奏していても指が痛くなってしまうと言うことがかなり軽減されます。
嘘かと思われるかもしれませんが、是非一度試してみてください。

まとめ

いかがでしたか?コントラバスを演奏する際の、基礎の基礎である左手のフォーム。
参考になれば幸いです。

次回は「初心者必見!コントラバスの弾き方講座②ー右手、ピチカートについてー」

またこちらを読んで、もっとコントラバスに興味を持って頂いたら、実際に楽器見触れてみる事をおすすめします。

当教室では体験レッスンも行っておりますので、こちらの教室案内もご覧になって下さい。

定期継続コースのご案内はこちらから

タイトルとURLをコピーしました