体験レッスン無料キャンペーン実施中!

[東京都国立市コントラバスレッスン]講師:鈴木克人について

初めまして!講師の鈴木克人(スズキ カツト)です。

1974年生まれ。神奈川県出身。麗沢大学外国語学部英語学科卒。
バンドブームが巻き上がっていた高校時代にコピーバンドを結成。
ジャパニーズロックから洋楽、フュージョンまで幅広く演奏する。
その後、興味のあったジャズの魅力に少しずつ惹かれ、大学入学と同時にジャズサークルに入り、ウッドベースへ転向する。
新日本フィルハーモニー管弦楽団コントラバス奏者:石田 常文氏に師事し、後にジャズベーシスト:吉野 弘志氏に師事する。
大学在学中よりライブハウスで演奏を始め、卒業後、本格的にプロとして活動する。
ライブハウスを中心に、ホテル、レストラン等に様々なバンドで出演し、安定したビートとフレキシブルなソロワーク、暖かな音色で多くのミュージシャンから信頼が寄せられている

私が強く音楽に興味を持ち始めたのは中学生位の時です。当時の私の最も好きなアーティストは、King of Pop マイケルジャクソンでした。

その頃のバンドブームの影響もあり、音楽を聴くだけでなく演奏したいと思うようになりました。もちろんその当時聴いていた音楽の好みから、自然と私の耳は低音へと。
マイケルジャクソンの音楽はベースが一番目立っていてカッコイイと思っていたので、選んだ楽器は勿論ベースでした。

自分でもウネウネとカッコイイ、踊りだしたくなるようなベースを弾きたい(今でもそれは変わりませんが)とすっかり低音の魅力に魅了されたのでした。

その後ロックバンドでベースを弾き、偶然きいたJazzのCDに衝撃を受けてコントラバス(ウッドベース)を始める事になりました。

なんとか手に入れたコントラバスですが、当然エレキベースと全然違う。
まず大きいし、楽器を縦に構えるし、フレットが付いていないので何処を押さえたら良いのか解らない。弓って、ボーイングって何?という解らないことだらけでした。

エレキベースは何とか独学でも弾くことが出来ましたがコントラバスはそうはいかない、ということで先生を探し、当時新日本フィルのコントラバス奏者石田常文氏に師事、その石田さんの紹介でジャズベーシスト吉野弘志氏に師事しました。

偶然得られた縁でしたがこのお二人が素晴らしい音楽家で、多くの事を教わりました。特に音楽経験の乏しかった私には楽器演奏する基礎的な事をしっかりと教えて頂いたと思います。そしてそれは現在の音楽活動の大きな基礎ともなっています。

私の様に低音の魅力に憑りつかれた方、コントラバスを始めたいが躊躇してる方、楽器を前にして思い悩んでいる方、少なからずいらっしゃると思います。指導者がいなくて自己流で弾いている学生さんも沢山見てきました。

楽器を習うことは私にとっては結果的に上達への近道になりました。試行錯誤してきたからこそ、同じ悩みを抱えたかたに近道を見つける道標に成ることができると思います。

今まで私は、下は中学生から上は70過ぎの生徒さんにレッスンを提供して来ました。初心者の方が多いです。

その生徒さんの中には、上達後、セッションやライブで活躍している方もいますし、アマチュアのオーケストラで活躍なさっている方もいます。

年を取ってから楽器を始めるのは難しい。仕事をしながらレッスンを通うのは難しい。部活や勉強との両立が難しい。

等、様々な生活環境があると思いますが、レッスンのコースもフレキシブルに対応出来る様ご用意しております。皆様にお会いできること楽しみにしています。

国立Bass低音教室の詳しいご案内はこちら

 

鈴木克人Bass 参加CD
(リンクをクリックするとAmazonで詳細がご覧になれます)
※掲載順不同
鈴木克人リーダーアルバム 2021年1月20日発売!「LIBERTAS
鈴木克人リーダーアルバム 「Spindrift
明田川 荘司「プレース・エバン 」- オーライレコード
TWO BASS HIT 」- aketa’sdisk
小島 のり子「LUSH LIFE,「Songs For My Sake 」- What’s New Records
山岸 笙子「FRIENDS 」- What’s New Records,
Deja vu
槙田 友紀「ことり 」- Cuckdo Sound
「Sweet sings」- Audio Fab Records
矢舟 テツロー
ダウンビート」- ZIPANGU Products,
SMALL COMBO 」,「FRUITS & ROOTS 」- Voz Records,
エイジ・オブ・ヴィンテージ 」,「SONGS ]- Vivid Sound,
ロマンチスト宣言
足立 直子「Selfish time」,「SMILE]- BQRECORD
ランデル 洋子「That’s All」- RADIO DAYS
山口 友生「これでいいのだ! LIVE at P’s Bar 」- P’s BarRecords
出口 雅之「DECO JAZZ」 - PALM TREE MUSIC
日野 美歌 「横浜フォール・イン・ラブ 」 日本コロンビア株式会社
(2曲のみ参加)
田中 真由美「Sings American popular songs
西本 康郎 「Prelude(プレリュード)
東京都国立市にある"確実に楽しくコントラバスを弾けるようになる"「国立Bass低音教室。」

営業時間:月曜日から金曜日までの9時から22時まで。
(講師のライブのある日は調整あり。)

Jazz bassist 鈴木克人のピアノトリオAlbum。
1月20日発売!「LIBERTAS」
libertas

江古田そるとぴーなつで録音されたベーシスト鈴木克人トリオの最新作。
メンバーはピアノ川村健、ドラムに柵木雄斗、そしてベースは鈴木克人。
エンジニア五島昭彦氏によるレコーディングで、ライブレコーディングでありながら高音質に録音され、ライブの迫力、スリル、スピードが瑞々しく収められたアルバムである。収録曲は表題曲の鈴木のオリジナルの他はスタンダードナンバーやカバー曲になっている。鈴木、川村のアレンジも聴き所である。

鈴木克人オリジナル「Spindrift」
spindrift

ベーシスト鈴木の全曲オリジナル作。リリカルかつダイナミックな曲をご用意しております。ピアニストは鬼才、田村博。恐竜博士としても有名な田村は伝統に基づいた奏法、強力なテクニックで聴く者を圧倒します。
ドラマーは礒見博、正確なリズムと、カラフルなドラミングで独自の世界観を作り出します。 2人はジャパニーズJAZZの中でも超ベテラン。Jazzレジェンドの域に達しています。 ピアノトリオの演奏をお楽しみ下さい。

プロフィール
シェアする
鈴木 克人をフォローする
国立Bass低音教室
タイトルとURLをコピーしました